ほおずき市 7月 9日(日曜日)-10日(月曜日)

場所:信松院境内
ほおずき市は観音様の縁日「四万六千日」である7月10日とその前日に行われる。ほおずきのほか、風鈴やあさがおなど夏の草花も売られていて、夏の風物詩として地元の人々に親しまれている。
※観音様の縁日「四万六千日」とは・・・観音様の功徳日の一つで、この日参詣すれば、一日で約127年間毎日日参するのと同じ功徳が得られるとされる。

昔、門前で倒れていた人に、和尚さんがほおずきを口に入れたところ身体が回復した事から縁起よいとほおずきが世に知れ渡ったと言い伝えがあります。今年も門前で華やかに準備しています。
(千円〜千五百円前後の販売予定です。)