2020-04-08

💠 花まつり 💠
約2600年前、インドのカピラ城の主であった浄飯王(じょうぼんのう)、マーヤー(摩耶)夫人の間に生まれられました。
マーヤー夫人が出産のために故郷に帰省される途中、4月8日、美しい花が咲き乱れるという花園で生まれられましたので、
お釈迦さまのお誕生日を花祭りといって祝います。

お花で飾った小さなお堂の中の、右手で天を、左手で地を指さした、生まれたばかりのお釈迦様である誕生仏に、甘茶をかけて祝います。
甘茶をかけるのは、お釈迦様がお生まれになったときに、香水でその身体を洗ったからだとか、天から甘露が降り注いだからだと言われております。



ベルダムのお知らせ一覧へ

その他一覧へ


八王子七福神めぐり

 
Copyright© 八王子金龍山 信松院 All Rights Reserved.